<< WHO KILL BAMBI? | main | 世界のポニョ >>
『君は天職に出会ってるか』

『君は天職に出会ってるか』と言う

見出しに惹かれ買ってみました。

読んだ後、スウォッシュマークのイメージが

180度変わりました。

 

この人むちゃくちゃデス!笑

 

 

分かるけど、それやってまうんや?

って事を平気でブチかましてます。

頭のキレとジェントルメンタリーの裏側は、

反則でも正当化する我の強さ!

これがまかり通るって

正にアメリカンドリームやな〜ああ!!

 

しかしブランドビジネスの最高峰になるには

反則でも、裁判起こしてでも、

やったモン勝ちスタイリーしか

ないんやなと思いました。

世間との調和性が有るようで無いし、

無いようで有る。

人が努力しない部分を努力し、

人が努力する部分を省略するし、

人間のキャパってある程度MAXは決ってるし

物事に対する視点が根本的に人とちゃう

って事になります。

ま〜どっちみち超人なんは間違いないけどww

 

『ビジネスは銃弾のない戦争』

『勝つ事への執念』

やたら出てくる2つのキーワード。

ワシかて一応社長の端くれ。

めっさわかるけど、

この人にとって結局ビジネスとは

『我を通す事』とも取れました。

ええんか? 悪いんか?

勝てば黒でも白くなる?.....

極論ならそーゆー事。

我の強さ世界最高峰の

ビルゲイツがこの本について

『成功するビジネスの有様」

みたいな事を書いてました。

(おー怖わ〜!)

 

逆に人間味を感じた部分は

やっぱこの人自体がランナーってとこ。

走るん大好きな人が、走るための靴を作る。

そんなん絶対エエ靴に決まってるやん。

説得力200%系!!

当時ランニングってそれほど

ポピュラーじゃなかったらしく

所謂アングラ感があったんでしょうか?

そんなランナーの為にスニーカーを作り、

ランナーの為の場所を作り、

ランナー達の声を聞き、

D.I.Yでランナー達をサポートして

スニーカを届ける事を続けた信念には

鬼リスペクト&もっと見習いたいたいです。

ほんで最初はNIKEの靴を作る前に、

別のブランドのスニーカーを売ることから

始まってるこのストーリー....

これ俺知りませんでした!(ビックリ)

 

ほんでビジネス論は伝わったけど

表現についてあまり書かれてなかったのが

残念でした。めっさ期待してたのに....

 

 

 

『君は天職に出会ってるか』

読んだ後、この見出しに考えさせられました。

多分、人に羨ましがられたり、褒められたり、

楽やったり、儲かったりが良い仕事じゃなく、

信念を貫き通せる仕事を探し、

選べって事なんかな?

福沢諭吉も言うてたしな。

偉人さん達の言う

素晴らしい人生の探し方らしいです。。。

 

でも最後にひとこと言うならば

NIKE創設者、フィルナイト氏、

むちゃくちゃデス!笑

 

これマジ...

| read |
コメント
コメントする









★ PROFILE ★
HARA-Q is...
Founder of COCOLO BLAND.
Direction, graphics & many odd jobs. Papa of 2 daughters.


★ EVENT INFORMATION ★
★ TOPICS ★
★ CATEGORIES ★
★ ARCHIVES ★